バイトでも専門知識は身に付く!

お金を稼ぎながらワインの知識を増やそう!

好きな事を活かして働こう

ワインが好きならば、それを活かしたアルバイトにチャレンジしてみましょう。
例えば、アルコールを扱った飲食店、特にイタリアンやフレンチといった西洋料理のお店などは、「ワイン好き大募集」と求人に掲げるほどです。
そのようなお店では、様々な原産地のワインを取り揃えているなど、店主のこだわりが強いことが多く、お客さんも「料理や気分に最適な良いものを提供して欲しい」と思って来店します。
このため、「味や香り、おすすめの理由」などを伝えられるようなアルバイトスタッフが必要とされます。
しかし、昨今は「アルコールそのものが苦手」や「酸味や渋みのあるアルコールは得意ではない」という人も少なくないので、「ワインが好き」という人は貴重な存在として歓迎される傾向にあるのです。
また、同じような理由で、ワインを扱う、デパート・スーパーマーケットなどの販売スタッフを募集しているところも多いです。
こちらは試飲や説明などを通して、お客さんに品物を購入して貰う必要があるので、より幅広い知識が求められます。
具体的には、「この味なら、どの料理に合うか」という観点も求められることが多いので、料理についても興味・知識があるとより良いでしょう。
時には産地や流通状況や情勢などについても問われることもあります。
どちらにもそれぞれの魅力がありますが、「飲むのが好き」ならば飲食店、「うんちくなども含めて好き」ならば販売スタッフとなると、自分の好きなものを仕事にそのまま活かす機会が多くなるでしょう。