バイトでも専門知識は身に付く!

お金を稼ぎながらワインの知識を増やそう!

お客様を立てるような接客を心掛ける

ワイン関係のアルバイトとしてもっともポピュラーなものは、ショップなどの専門店や百貨店、スーパーなどでの販売の仕事ではないでしょうか。
この仕事をするうえで必要となるスキルは、商品の正しい扱い方を把握していることと、お客様のニーズに合わせて的確な対応が出来ることでしょう。
まず、商品を正しく取り扱う上で重視していただきたいのは、セラーや倉庫内の気温と湿度です。
それらを常に一定に保つことを忘れず、ワインの管理に気を配りましょう。
また、運搬の際は瓶同士がぶつかったりしてラベルを傷つけないよう、注意しましょう。
瓶の破損だけでなく、ラベルに傷があっても売り物として価値が下がり、商品のロスに繋がります。
そして、接客をするときに注意することは、お客様の購買意欲を奪わない接客をすることです。
まずは、お客様がどのような目的で買おうとしているのか、ヒアリングしてからおすすめする商品を見極めましょう。
その時お店で一押しの商品をおすすめするのも良いのですが、相手のニーズにより合わせた提案をした方が、お客様のリピート率を上げられます。
デイリーで気軽に飲みたいのか、誰かに特別なプレゼントとして贈りたいのか、予算はいくらかなどの情報を聞き出し、それに合った商品を提案できるようになるといいですよ。
また、そのお客様がワインについてあまり詳しくない場合には、商品の説明には分かりやすい言葉を使い、ワインに親しみを感じてもらえるように工夫してあげましょう。
接客業にはそういう優しさも大切だと思います。